2016年11月15日
《位置情報で激変した生活習慣》

☆GPSとは??
→GPS(
英語Global Positioning System, GPS全地球測位システム)とは、アメリカ合衆国によって運用される衛星測位システム地球上の現在位置を測定するためのシステムのこと)を指す。@wikipediaより
→位置情報はGPSオフでもwi-fiなどで把握できる
→wifi+GPSでより正確な位置情報がGETできる
Yahoo!は「よく使う地域」という位置情報系の検索ツールを提供している

☆シークレットウィンドウとTorブラウザ
→履歴に残らない「シークレットウィンドウ」でもIPアドレスは把握されている
→匿名化が可能なTorブラウザは悪用されやすい(ISなどが利用)


☆位置情報を利用したゲーム
→近年では「コロプラ」「ポケGO!」などが流行

☆Exifとは?
→写真撮影した際に、記録される情報
→露出とか絞り、WBなど写真系の情報の他にもカメラにGPSがあれば位置情報
も記録
→主なSNSでは投稿時に削除されるが、不安な場合は端末側でオフを

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今の時代スマホがあれば簡単に誰かに自分の居場所を知らせられることができるが、それはつまり誰にでも見れてしまうということも意味している。
もちろん災害時には大いに役立つだろうし、もっともっと世の中を便利にしていくもの
でもあると思う。

今回の講義では位置情報に関する便利さや怖さを実例をもとに学ぶことができたので、うまく寄り添いつつも今後より一層気をつけなければいけないなと思うことができた。
 

担当教員
イーンスパイア株式会社代表取締役 ネットビジネス・アナリスト 横田秀珠
http://yokotashurin.com